看護・医療系予備校の経営、独立を支援する日本看護医療予備校のフランチャイズ
フランチャイズ


看護医療系受験業界の魅力

1.安定性の高い看護医療受験業界の収益構造

この業界は会員制ビジネスと同様の事業構造であるので、毎月の収支がある程度先読みのできる安定した事業構造です。

また、翌月の授業料を前受けで徴収できるので、資金繰りリスクが低い点でも安定感があります。さらに、基本的に在庫は不要。教材も受講生に合わせての購入のため、在庫リスクもありません。

2.まだ発展途上中のマーケットである看護医療系業界!さらに成長する見込みあり!

教育業界では少子化が進んでいき、マーケット自体が縮小傾向にありますが、看護医療系受験のメインターゲットは社会人。労働人口は今後も高い水準で推移していきます。

その中で、一生ものの資格である看護師や作業療法士、放射線技師などは人気も高く、受講生の確保は他の教育業界より群を抜いて行いやすいです。

3.開業資金が低い看護医療系業界

フランチャイズの中には、数千万円単位の初期投資を必要とする業態もありますが、日本看護医療予備校での独立は、低投資での開業が可能であり、独立開業を狙っていくにも、最適な業態です。

また、そのため、複数教室展開をする加盟オーナーや副業オーナーも多く、将来、事業規模を発展・拡大させやすい業態と言えます。